忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/26 17:31 |
練習の日々

GW真っ最中だが、近くに迫った試合にあわせ練習の日々だ。


先日はボトムの克服と宣言したものの、一言でボトムと言っても、クロスガードやハーフガード、バタフライガード、スパイダーガードと非常に多岐に渡る。


実際の試合の展開ではハーフからの展開が一番多いのではないだろうか?


ボトムになる可能性としては「投げられた」場合か、「引き込んだ」場合、もしくは「スイープされた」場合だろう。(まだ有ったかな?)


クロスガードは一旦落ち着くが、このままではなかなか次の展開に繋げにくいのだが、先日早川総帥からコムロックのヒントを教わった。


今までは腕をどう巻き取るか?に関する練習の日々だったのだが、先日の試合でも見られたように、腕を巻き取ってもその後の展開が悪いとせっかくのチャンスを逃してしまう。


早川総帥のヒントから得たものは........


巻き取られた腕を伸ばされまいと体を寄せて来る相手に対して、まずは突っ込み締めを敢行!!、思うにここが第一のチャンスだ。


次に相手は突っ込み締めを嫌がって上体を上げ、腕を引き抜こうとしてくる。この時にすかさずクロスの足を解除し、相手の体側に合わせて相手とは正面を向き合い、腰を上げながらストレートアームバー。これが二度目のチャンス。


この時は腕を巻いてない方の手で、相手の肘を内側に少し捻れば極まる確立がupする.......。こんな感じだろうか。


腕が巻けたという前提で、その後のコツとしては、開いてる手で最初は首、次は巻き取っている肘を制す事と、決めの段階で足と腰を使って相手の上体を伸ばす事だろうか?


という事で、コムロックは相手をタップさせるチャンスが二度も有るという美味しいワザなのだ。


さらには、コムロックからのスイープというワザも有ると伝え聞いているのだが(笑)、これについては未だ未知のワザである。


今度プライベートでもお願いして伝授させてもらおうか.....とも考えている(笑)

PR

2007/05/02 01:59 | Comments(2) | TrackBack(0) | 練習の日々

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

恐ろしい技でした。
私、コムロックからのスイープ、知ってます。コムロックから前転しての腕十字も知ってます。それは小室宏次のDVDを見たからです。でも、できません。
posted by YELLOWat 2007/05/10 00:19 [ コメントを修正する ]
yellowさん、こんにちわ。
突込み締めですか?(笑)
いつでも首を狙うのは、相手の冷静な思考能力を奪う為なのです(爆)。
下からクロスガードで落ち着いて「次にどうしようかな~」なんて作戦考えている所でズバッと入れると、「ンガググ」とサザエさんのように喉が詰まって焦る....という訳です(爆)

コムロックはオープンガード習得の前段階として、クロスガードからの強力な攻撃技として是非マスターしたいと思ってます。ははは。
posted by 剛力王at 2007/05/15 00:01 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<死合い!! | HOME | まだまだ未熟!!>>
忍者ブログ[PR]